キーワードから検索

物理探査・物理検層

物理探査

物理探査は、弾性波、電流、電磁波等の物理現象を用いて、観測結果から間接的に地中の性状を把握する探査手法です。


通常の地質調査では、ボーリング調査により直接的に地中を確認しますが、不均質である地下構造を広範囲で把握するためには膨大な労力及びコストが必要となります。物理探査を併用することで、物理現象に応じた物性値が得られ連続的な地下構造のイメージングが可能となり、経済的かつ相互補完的(補間的)な地質調査を実施できます。


当社では、「社会資本整備」「防災」「維持管理」といった各々のニーズに合わせた探査手法を提案し、計画→計測→解析を一連で実施することにより信頼性の高い調査結果を提供いたします。

 

屈折法地震探査
二次元比抵抗探査
表面波探査
常時微動観測
微動アレイ探査

地中レーダ探査
⇒埋設物調査、空洞調査、鉄筋探査、覆工調査、水上調査
オーリス(高周波衝撃弾性波法)
⇒構造物形状調査、転石形状調査、杭の根入れ長調査、健全度調査

 

  • 【屈折法地震探査】
    【屈折法地震探査】
  • 【地中レーダ探査】
    【地中レーダ探査】